ページ

2007-11-15

病院へ

ここのところの足のしびれのおかしさにとうとう病院へ行くことにした。

糖尿のこともあるので総合病院にしようとネットで探したが、近くによさげな病院がない。

よさげってなに? 設備が整っていて綺麗なところがいいなと思い探したのだった。しかし、近くにはなかったので3つ駅先のところへ行くことにした。もうこの時点では、歩くのがつらい状況になっていたので出来るだけ早めに行き、人が少ないところを選んで歩くようにした。

病院で初診受付を済まして待合所に行くと「混んでるなぁ」こんなにいるのね、でも年寄りが少ない。整形外科だからもっと多いと思ったがクリニック系ではないからこないのかな?

受付で問診票を書いて待つこと30分くらい、意外と早いなと思い。診察室へ。

先生は若いようだ。非常勤の先生らしい。

症状を説明するとまずはレントゲンを撮ってくれと言われて、再度待合室で待機しているとレントゲン室の見取り図を渡されてそこへ行くように言われる。レントゲン受付をして10分くらいで呼ばれてレントゲンを撮る。ズボン脱いで上から、横から腰曲げて斜め撮りなど数枚撮られる。

で、すぐに現像されてレントゲン写真を渡されて再度整形外科へ戻る。

で、また呼ばれて診察室へ。そこで先生に「脊椎管狭窄症かもしれないねぇ」と言われるがはっきりしない。坐骨のところを指して白く線が入っている。

糖尿が関係するのか聞いてみたら、糖尿病ですか?と聞かれたがわからないと答えた。

糖尿の症状だと靴下はけない手袋はめられないという状況になるらしい。それとは違うので糖尿からくるものではないようだ。

だが、年初に会社の健康診断で引っかかったのと歯医者でも指摘されたので採血するなら糖尿の検査もしてくれと頼んだら「検査してみましょう」ということになった。

するとヘモグロビンの数値もチェックするように採血予約が入った。
で、しばらくシップと炎症剤の飲み薬で様子見ましょうということで再検診は再来週に予約することになった。

で、問診は終わり、採血をして会計を済ませて会社に行く。

薬は、処方箋が出ているので薬局で買う。こういうのは初めてだ。

で、薬局を探すが処方箋を扱っている薬局って意外とないことに気が付く。

会社に着いて話をしていると近くにあるということなので会社の者に行ってもらった。

家に着いてシップを貼ろうとしたが、さてどこに貼ればいいのじゃー。

痛いところに貼ればいいのかな。でも痛いところないのよね。と思っていたのだがやはり坐骨のところなんだろうな。ひねると痛いから。なので股関節のところと坐骨のところに貼ってみた。

「うー冷たい、にゅるにゅるしてる」
んー効きそうな感じだわ。臭いがない。無臭タイプだって。へーこんなんあるんだ。てっきりシップ独特の臭いがするのかと思ったけど。で、これってどのくらいもつもんなんでしょ。何も書いてないじゃん。まぁ1日ってところでしょうな。

0 件のコメント :