ページ

2007-12-26

手術翌日

座薬をもう1回入れてもらったが朝方まで痛かった。

だが、だいぶ痛みが引いた。

そこへ朝早くから主治医が来た。

で、いきなり、ガンダムの足を外して

主治医「立ってみて」

俺「へ?」

主治医「大丈夫、動かしても平気だから」

俺「そうなの?」

しかし、手術しているわけで、背中の筋肉とか切ってなくても剝がしてるわけで。
動かしたらすげー違和感あり。
なんか上半身の重みが背中にくる。
横になりながら腕で体を起こして、ベッドに座り、歩行器に掴まりながら立った。

ん?しびれが少しない。背中はきついが。

主治医「歩いてみて」

ん、歩ける。体にいろいろ付いてますがね。

ちょっと歩いてベッドに戻る。
しかし、手術後すぐに歩かせるんだ。と、このときはびっくりした。

後は、午前中で尿道の管は外せるというのと昼から飯食っていいとなった。
やったー。飯食える。

その後、尿道の管を外す。これがまたなんとも言えない苦しさ。
力抜いて、一気に抜く。あー、やだ。
だが、どうも左脇が痛い。 腎臓?管を奥まで差しすぎじゃねーかな。

だが、これで自分でトイレいける。と思ったら。できるだけ、尿器使ってねぇだってさ。
やなこったい。

昼飯は食えるぅ。
で、食べるのにベッドを起こして。電動ベッドなのねこれ。
造影剤検査の時よりマシだ。体起こせるから余裕で食える。

手術痕に消毒、状態を確認。
まだ、切り口から管が出ている。内出血している血液を出してるようだ。
これはまだ外せない。
トイレに行くとき一緒にもってくことになる。



0 件のコメント :