ページ

2007-12-04

再度MRI検査

また、立川まで、MRIを撮りに行くことになった。

今度は、どうやって行くか考えた。

さすがに歩くのが厳しくなってきたので階段を使わないようにいけないか調べた。

京王線は90%近くエスカレータやエレベータがあるようだ。うちは、京王多摩川なので稲田堤で乗り換えて立川に行くのがいいのだが京王稲田堤から南武線稲田堤まで歩かないといけない。さてどうしよう。

京王線分倍河原で乗り換えるほうが無難か。と結論は今日の朝にした。

時間帯から考えるに少しでも通勤方面の逆に行きたかったので稲田堤で乗り換えることにした。
 がしかしこの判断は大間違いだった。

歩くのはなんとかなった。だが、南武線稲田堤立川方面には線路を高架で渡らないといけないのだ。

なんだそれと思った。駅改札は線路を渡って川崎方面側しかないのだ。ガーン!

で、エレベータなんぞありもしないしエスカレータなんて陰も形もない。仕方ないので階段を上りました。しかし、とてもしんどい。これまずい ぞ。下りるときはもっと大変。もうすでに1段1段慎重に下りるしまつだ。下りてベンチに座って電車を待っていたがこれ電車乗れるかなと不安になってきた。

しかし行かないわけにはいかずちょっと混んでたけどなんとか乗る。で、扉のところでもたれかけて立つようにした。しばらくして分倍河原あたりで降りる人が多くやっと座れた。

こういう状況にならないと不自由な人の気持ちはわからないんだと痛感した。

お年寄りや、体の不自由な人の大変さを身にしみる。若いねーちゃんが平気で優先席に座っている。松葉杖をしてる若い兄ちゃんが目の前にいても平気。何も感じねーのかねー。でも自分がその立場になるとなんで席を譲ってくれないのと思うのだろうな。

そんなこんなでやっと立川に着いた。今度はエレベータを使う。がしかし以外と利用者が多い。

ベビーカーを押しているお母さん達や老人?中年?んー微妙。

で、ちょっと早かったが受付を済ませて待つこと1時間で再度問診、更衣室、MRI室と検査を終えて立川の駅ビルに入る。で、こんな状況にもかかわらず買い物をした。

気分的にあまりよろしくないので、出たばかりのDVDを何枚か購入。パイレーツオブカリビアンなどを買う。

で、帰りは行きの失敗をふまないように分倍河原で乗り換えた。

入り組んでいて一回では済まないけど(なんせ後付だから仕方ないんだろうけど)エレベータを何度も乗ってホームまでたどり着けた。なんとかしてくれって感じ。

あまりにも段差がありすぎるのでそのたんびにエレベータで上がったり下がったりを繰り返す。

バリアフリーとか簡単じゃないのがよく分かる今日この頃です。

0 件のコメント :