ページ

2010-10-19

IntelliScreenその後

その後、知人のiPhone4でのIntelliScreenは、トライアル状態であった。
そこで、ライセンスファイルだけでUDIDを以前のものにして試したところ、認証に成功して普通に使えるようになった。
つまり、udid fakerは不要のようである。
直接ライセンスファイルのUDIDを以前のもにするということで可能となった。
ただし、このやり方は以前の機種でIntelliScreenを購入していないとできない。

簡単に手順を記する。
Cydiaで「Associate Rock Account」でデバイスとリンクする。
一度IntelliScreenの設定画面を動かし
start trial
purchase
download lisence
と3つボタンが出るまで起動終了を繰り返す。2回くらいで出てくる。
「download purchase lisence」だったかも。を押してダウンロードする。
再度動かしても同様の3つのボタンが出てくるようになる。

i-FunBox等で
//private/var/mobile/Library/AddressBook/IntellibornLicenses
の中にあるファイル
(1) .syncid
(2) IntelliScreenXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

(1)のファイルの中に書かれているUDIDを以前のUDIDに書きかえる。
(2)のファイル名のXXXを以前のUDIDに変更する。
IntelliScreen.newlicenseがあったら消す。
再起動すれば購入したのと同じ状態になっている。はず。

この状態になるとIntelliDialも使えるようになる。

1 件のコメント :

匿名 さんのコメント...

前回のIntelliScreenの記事の際にコメントさせていただいたひでです。

当方MacなのでDiskAidにて

//private/var/mobile/Library/AddressBook/IntellibornLicenses

をのぞいてみたところ

IntelliScreenXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

が二つ(Xの部分の文字列は違います)と

IntelliScreen.newlicense

MyWi 4.02XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

がありました。
以前のUDIDとはどっちのことかもよく分からないのでとりあえず、

IntelliScreen.newlicense

だけ、削除して再起動してみたところ、うそのように普通に設定画面が起動しました。

ちなみにMyWiの方はまだiPhone4に変えてからインストールしていないのでどうなるかは不明です。

何はともあれ大助かりでした。ありがとうございました。