ページ

2015-11-21

MR.ROBOTシーズン1に出てくるastuとastsuコマンド

たまたまアマゾンプライムで見られたので1話を見てみたのだが
ミスターロボットってタイトルから想像してたのと違って

若きプログラマー、エリオット。昼はサイバーセキュリティ技術者として働き、夜はハッカーとして正義を守る。そんなエリオットに謎のハッカー集団のリーダーが参加を求めてくる。目的は、エリオットが仕事で守る大企業の壊滅だ。

という内容だ。細かい内容を知りたければ観てみることをおすすめする。

このドラマの中で出てくるコンピュータ用語は専門的で、知らない人が観てもわからないのではないかと思うほどである。
攻撃されているサーバに対処している場面などで
ルートキットやDDoS攻撃、DNSの再起動、GNOME、KDEとかなどの言葉がいろいろ出てくるし、
端末の画面は、Linuxのターミナルでコマンド打ってたり表示されてたり状況がわかったりと内容的にはかなり本格的でその言葉を理解出来る人には面白いと思う。
ただ、主人公がハッキングしているのはただののぞき趣味じゃねーかと思うところはあるのだけど。

そこで出てくるコマンドで気になるものを見つけた。
しきりにastuとかastsuというコマンドが出てくる場面がある。データセンターがある場所に行って攻撃に対処しているところで出てくるのだが


astsuでポート開いてたり、ifconfigしてたり


astuでlsしてたりrmしてたりとまるでsudoのように使っている。

で、これなんだろと思って調べてみたらどうも独自のコマンドのようである。
このセキュリティ会社の名前がAllSafeという名前、つまり
AllSafe Toolkit Super Userの頭文字を取ってastsuなのではないかということらしい。
astuはなんだろうね。
AllSafe Toolkit Userなだけかな。

このあたりのLinuxのコマンドラインスクリーンも面白いので見入ってしまった。
まだ、1話しか観ていないのだがどうもこれ以降こういった場面はさほどでないようで7話あたりから展開が変わってくるようなことがレビューとかに書かれていた。

主人公のラミ・マレックは、PS4の「Until Dawn・惨劇の山荘」に出ているらしい
そのゲーム買ってもっているのに、まだやってないから知らなかったw
やったら確認してみよ。

最近、この手の映画が多いのか(といっても他に一つだがw)
ブラックハットっていう映画もハッキング系で映画のアドバイザーに大学教授やら実際のハッカーやらが指導したものだった。こちらもかなり本格的というか実際にあった事も盛り込んでいる。でも、知らなくても楽しめるように作られているのはやっぱり映画だからなのだろうと思う。それなりに万人受けしなければ観てくれないだろうし。
主人公は、THOR(マイティーソー)クリス・ヘムズワースってのが最初、違和感あったけど
最近のハッカーは筋肉隆々らしい。とメイキングで言っていた。


0 件のコメント :